蔵のこだわり 霧島のふもと、大自然に囲まれた中に蔵はあります。

明るい農村ブログ

霧島を楽しむ①

こんにちは(^^)/霧島町蒸留所の阿部です。


今回は、わたしたちの蔵がある霧島の歴史やミステリアスな噂話などを通して、霧島の魅力をお伝えしたいと思います(^^♪


「霧島」で連想されるのは「霧島神宮」「霧島連山」「霧島温泉」などでしょうか?(‘_’)「花は霧島、煙草は国分~」と鹿児島おはら節を連想される方もいるかもしれませんね。

霧島神宮と霧島連山

南九州最大の神宮「霧島神宮」は瓊瓊杵尊という神様を祭っています。といっても、難しい漢字で、おそらく読める方は少ないと思いますが・・・瓊瓊杵尊(ニニギノミコト)と言います。天照大神(アマテラスオオミカミ)の孫、すなわち、天孫にあたるのが、ニニギノミコトです。


霧島神宮は、もともとは、天孫であるニニギノミコトが降り立ったとされる、天孫降臨・テンソンコウリンの地である、高千穂の峰山頂近くの背門丘というところに、 6世紀に社殿が建立されたのが始まりとされています。その後、山の噴火により度々炎上し、788年には一度完全に焼失してしまいます。


そこで、940年頃に、現在は、高千穂の峰登山口となっている高千穂河原(高千穂河原古宮址)に再建されましたが、そこもたびたび噴火による炎上を繰り返し、1234年に再び焼失してしまいます。


そこで、さらに山から下った現在の地に、1484年に再興されましたが、その後も、幾度も炎上し、1715年に再建されたのが現在の社殿です。天孫降臨伝説にちなんで、霧島神宮でいただける御朱印は、今でも「天孫降臨の地」と書かれています。

霧島連山というと、2011年に大噴火をした新燃岳をご存じの方も多いと思いますが、その新燃岳に代表されるように、活火山が全部で23座集まったものを総称して霧島連山と呼んでいます。

そのため、霧島神宮もそんな霧島連山の中にあって、例外なく噴火とともに歴史を歩んできたと言えます。

天の逆鉾(あまのさかほこ)

霧島連山の中で2番目に高い山、高千穂の峰。 先にご説明した通り、「天孫降臨」という伝説の残る山で、霧島神宮で祭られている、天照大神の孫(天孫)であるニニギノミコトが降り立った地とされています。


高千穂の峰の山頂(標高1574m)には神様が落としたとされる鉾(槍)が刺さっており、刃の部分が上を向いた逆さの状態であることから「天の逆鉾」と呼ばれています。

この「天の逆鉾」も、先程の霧島神宮と同様、噴火による影響を受けており、神様が落としたと言われる鉾は噴火により焼失してしまい、現在設置されているのはもちろんレプリカなのですが、噴火で焼失したのは地面から出ている部分だけで、地中深く刺さっている部分は、神様が落としたオリジナルの鉾が今でも刺さっているとかいないとか・・・。


そんな逸話の残る「天の逆鉾」は、日本三奇にも選ばれており、誰が何のために建設したのか定かではない、とてもミステリアスなスポットです。


ちなみに、日本で初めての新婚旅行で霧島に来たとされる坂本龍馬とお龍さんも登ったと言われており、坂本龍馬はこの「天の逆鉾」を引き抜いてしまったという、何とも豪快な話が残っています。


今年は、日本書紀編纂1300年記念高千穂登拝が、霧島神宮で予定されているようなので、この機会に「天の逆鉾」を間近でご覧になられるのもいいかもしれませんね。(⇒詳細は霧島神宮のホームページでご確認ください)


霧島神宮は、蔵から車で5分、高千穂の峰は、一般的な登山口が蔵から車で10分。また、天気が良ければ、私たちの蔵から高千穂の峰をきれいに見ることができます(^^♪

ぜひ、霧島にお越しの際は、霧島神宮や高千穂の峰を見て行ってくださいね(^^)/


神話の眠る霧島の地で造る芋焼酎「明るい農村」のご注文はこちらから

明るい農村通販HP

頒布会だけの限定焼酎も!! 『春の頒布会』ご予約が始まりました~♪

こんにちは、霧島町蒸留所のせばたです(*^^*)またこの季節がやってまいりました!
『春の頒布会』のご予約絶賛受付中です☆(゚∇゚☆)



皆さんは「頒布会」とは、どういうものをイメージされますか?


定期購入と混同されがちなのですが、定期購入は、毎月同じ商品が届くのに対し、
「頒布会」は一定期間、毎月違った商品をお届けし、皆さまに楽しんでいただくのが特徴です。

毎月異なる、季節のオススメ商品をお届けする会といいますと、 イメージしやすいでしょうか(*゚v゚*)


ということで、
今回も明るい農村では、春の頒布会だけの特別な商品をご用意していますよ~\(゚▽゚=))/

お届け月は4月、5月、6月の全3回。 内容を少し、ご紹介しちゃいますね♪

まずは、4月(^^♪

頒布会限定の焼酎1升瓶2本+焼酎の仕込みにも使っている霧島のおいしいお水が付きます(^^)

① 明るい農村の四季・春

かめ壺焼酎「明るい農村」のブレンダーと、地元の絵手紙画家・小向井一成氏とのコラボ!
日本の四季を“焼酎”で表現しようとする、「明るい農村の四季シリーズ」第1弾です。
 “白麹の女王”と呼ばれる麹を使った、軽快で高貴な香りの焼酎(*^^*)
明るい農村がお届けする「春」の味わいをぜひ、お楽しみください♪

②明るい農村 受賞酒【13年連続受賞記念焼酎】

明るい農村は鹿児島県本格焼酎鑑評会にて、13年連続入賞しました!
その受賞タンクをそのまま瓶詰めしたものです!!
創業以来109年使い続けている伝統のかめ壺で丁寧に仕込んでいます。 お食事とも好相性ですよ~◎

続いて、5月('▽'*)

こちらも、頒布会限定の焼酎1升瓶2本+焼酎の仕込みにも使っている霧島のおいしいお水が付いていますよ~♪

① 明るい農村テロワール焼酎 天然酵母「農村1号」

蔵の長年の夢でした、自社農園のブルーベリー果実から採取した天然酵母「農村1号」を使った焼酎。“全ての原材料を霧島で”というテロワール実現への第一歩。
酸味やうま味などが合わさった複雑で個性的な味わいです(*‘∀‘)

② お茶焼酎「明るい農村・やぶきた」

全国茶品評会で3年連続日本一の霧島茶と、さつま芋の代表品種コガネセンガンが見事にコラボ!
重厚な風味に石臼で挽いた霧島茶の香りと味が加わり、優雅に仕上がっています(*^^)v

最後に、6月は(#^^#)

頒布会限定の焼酎1升瓶2本と、焼酎の仕込みにも使っている霧島のおいしいお水!
お水はぜひ、焼酎の割り水としてご利用くださいね(*^^)まろやかにお召し上がりいただけますよ~♪

① 明るい農村の四季・夏

かめ壺焼酎「明るい農村」のブレンダーと、地元の絵手紙画家・小向井一成氏とのコラボ!
日本の四季を“焼酎”で表現しようとする、「明るい農村の四季シリーズ」第2弾です。
キラキラと輝く夏に清涼感をもたらすような、華やかでフルーティーな味わいをイメージし、焼酎ではあまり使用されない黄麹を使って、独特の吟醸香と優しい甘さに仕上げました(*’▽’)

② 明るい農村テロワール焼酎 天然酵母「農村2号」

「農村1号」と同じく、ブルーベリー果実から取り出したのですが、野生の酵母菌らしい力強い発酵をしました。ふくらみのある甘味、フルーティーな香りなど、「農村1号」との違いも、ぜひお楽しみくださいね(゚∇^*)



私たちの自信作!
この季節だけの特別な焼酎をぜひお楽しみくださいね(*^-^)

お申し込み締め切りは4月10日(金)

☆↓↓↓詳細・ご注文はこちらから(゚∇゚↓↓↓☆

明るい農村通販HP(頒布会ご注文のページ)

世界に1本だけのオリジナル焼酎で、心に残る贈り物を!

こんにちは(^^)/霧島町蒸留所の阿部です。


春は別れと出会いの季節….。お世話になったあの方に、またこれからお世話になる方に

「何か特別な贈り物をしたい」という方も多いのではないでしょうか?


今回は、そんな方に大変ご好評いただいている「名前入り焼酎」のご案内です(*’▽’)


文字を入れることができるのは、下記の5か所

  1. 肩ラベル
  2. 胴ラベル右(10文字まで)
  3. 胴ラベル中央(5文字まで)
  4. 日付
  5. 送り主の名前

※制限文字数内であれば、名前やメッセージをどこに入れてもOKです(^^)


例えば!

  • 『誕生日』のお祝いでストレートに「おめでとう」や「感謝」という文字をどーん!と中央に載せてもいいですし、ちょっと工夫を凝らして誕生日の方が好きな四字熟語を載せたりするのもアリです!

  • 親しい方なら「ニックネーム」を載せるなんていうのも、もらった方は意外とうれしいかもしれませんよ(*^_^*)

いろいろと例を書きましたが、使い方は発想次第!

オリジナリティのあるギフトをお探しの方は、「オリジナル焼酎」是非ご検討ください!


※記号や、公序良俗に反する内容は、お受け致しかねます。
※お申込みから納品まで7~10日ほどかかります。時間に余裕をもってのご注文をお願い致します。

写真ラベル焼酎

また、蔵の売店だけで受け付けているもう一つの「オリジナル焼酎」が『写真ラベル焼酎』です。


来店して頂いた際に撮影した画像を、その場でラベルにできてしまう焼酎です。 卒業旅行時や家族旅行など、団体での旅行の記念にご好評頂いております(^^♪


手順は簡単♪

  1. ①写真を撮影する
  2. ②ラベルを印刷する(蔵のスタッフが行います)
  3. ③ラベルを焼酎へ貼り付ける(ご希望があればスタッフが貼り付けます)

以上!こちらも肩ラベルに、5文字までの文字を入れることもできます。

※こちらは店頭にお越しになられた方のみの商品です。
※インターネット上での受付は致しかねますので、あらかじめご了承をお願いいたします。


わたしがサンプルとして作成したオリジナル焼酎です(‘ω’)ノ

蔵の中には、「明るい農村」の看板や石碑といった撮影スポットの他、明るい農村のハッピや前掛けをしながら、巨大な一斗瓶や二升五合瓶を持っての撮影などもできるので、映える写真が撮影できちゃいます!?


一斗瓶がこちら!720ml瓶と比べると…とても大きいですね

ちなみに・・・

  • 一斗瓶は10升分で5升の倍なので、5升倍(ごしょうばい)
  • 二升五合瓶は2.5升⇒升+升+半升(ますますはんしょう)

つまり、2つを合わせると・・・『ごしょうばい・ますますはんしょう』⇒『ご商売益々繁盛』

となり、商売をされている方にとても縁起の良いボトルでもあります(*’▽’)

ご来店の際は、是非この大きなボトルを持って撮影してみてください!

※一斗瓶、升升半升瓶は非売品です。


いずれの「オリジナル焼酎」も中身は芋焼酎「キリシマメアサ」になります。

キリシマメアサ

霧島神宮のご神木のこと。

威厳を感じる太い幹が天を衝き、枝は力強くうねるように伸びているご神木の杉の樹です。

樹齢八百年を越えており、神秘的な魅力があります。

芋焼酎「キリシマメアサ」

この、ご神木「キリシマメアサ」を名前に冠した焼酎を、オリジナル焼酎として販売しています。

どっしりとした力強い味わいの黒麹原酒と、ふくよかで優しい味わいの白麹原酒をブレンドしたことによるバランスのよい味わいは、多くの方の好みに沿うことができる贈る方を選ばない味わいです。


これから歓送迎会など、贈り物をする機会が増える季節になります。

わたしたちの「オリジナル焼酎」で想いを伝えてみてはいかがでしょうか?(^^)/

名前入り焼酎のご注文はこちらから!

明るい農村通販HP(名前入り焼酎のページ)

ブルーベリー由来の『天然酵母』芋焼酎仕込み中!

こんにちは(^^)/霧島町蒸留所の阿部です。


わたしたち霧島町蒸留所では、6年前から取り組んできたことがあります。
それは、自社で開発した『天然酵母』による芋焼酎の製造です。

約30年前に植えた500本程のブルーベリーの樹。

これは、わたしたちの社名にもなっている旧霧島町(現在は市町村合併により霧島市田口)が町おこしのために栽培を奨励してきたもので、今ではその高さが2mを越えています。


毎年7、8月に、この樹から収穫したブルーベリー果実を使って「農村のブルーベリー酒」を造ってきました。(ブルーベリー収穫は蜂に刺されたり、毛虫に刺されたりと苦労がたくさん!そんな話はまた夏の収穫時期にお伝えします(>_<))

そんな思い入れのあるブルーベリーから、天然酵母が作れないか?と動き出したのが6年前。

ようやく、そのブルーベリー果実から採取された『天然酵母』が完成し、
今年から本格製造へと漕ぎつけました。

この天然酵母は、わたしたちが進める「明るい農村テロワール」の取り組みの一環で「原材料のすべてを霧島の地で」の確立を目指したものです。

テロワール

蔵風景""

「土地」を意味するフランス語。その土地固有の土壌、気候、地形、農業技術といった要素が、作物に与える「個性」を活かすという考え方。

その土地でしか作ることのできない原材料(芋、米、水、酵母など)が、その土地でしか造ることのできない焼酎を造る。 霧島でしか造ることのできない味わい。

「明るい農村テロワール」については、今後も動きがあればお知らせしていきますので ご期待ください!(*’▽’)

ブルーベリー由来の天然酵母で造る焼酎

それぞれ香りや発酵力が異なる天然酵母は全部で1、2、3、4、6号の5種類できました。各酵母、4仕込みずつ仕込んで、今その風味を蔵人が確認しています。

創業109年目初めての試みに、毎日ドキドキです…!


ブルーベリー由来の『天然酵母』から製造した焼酎。みなさんはどんな味を想像しますか?


もちろん、ブルーベリーのような甘酸っぱい味がそのままするわけではないのですが、
試飲では、フルーティで高貴な香り、口当たりがまろやかで甘さを感じる
今までの『明るい農村』とは一味違った香り、味わいになっています。


明るい農村恒例の「春の頒布会」では、出来立ての1号と2号をお届けします。

  • 明るい農村テロワール焼酎 天然酵母「農村1号」(5/20(水)お届け)
  • 明るい農村テロワール焼酎 天然酵母「農村2号」(6/20(土)お届け)

是非、飲み比べをして、わたしたちの取り組み『明るい農村テロワール』を体感してください!

春季頒布会、只今受付中です!

★✰ご注文はこちらから✰★

「明るい農村」の焼酎ブレンダーと絵手紙画家・小向井一成氏とコラボ! 焼酎で日本の懐かしい風景を表現した芋焼酎「明るい農村の四季シリーズ」発売中!

この度、わたしたちは特別な「明るい農村」が、絶賛発売中です。
その名も「明るい農村の四季・春」です!!

明るい農村の四季シリーズとは

春夏秋冬それぞれの季節にピッタリな焼酎をご提案する季節限定シリーズです。
このコラボレーションは、日本全国で忘れられつつある「日本の農村の風景を後世に伝えたい」という、絵手紙画家・小向井一成氏とわたしたちの共通の想いから実現しました。

初回は、「春」。順に「夏」「秋」「冬」と季節に合わせてご案内いたします。
絵と焼酎の味が絶妙にマッチしたコンビネーションをお楽しみください。


明るい農村の四季(春)の情報


銘柄名 明るい農村の四季(春)
価格720ml(箱無):2,300円(税込)
720ml(箱入):2,500円(税込)
発売期間令和2年2月15日(土)~5月4日(月・立夏前日)まで
原料 さつまいも(黄金千貫)
米麹(国産米・白麹ゴールド)
アルコール度数25度
仕込水・割水霧島山系地下水位仕込
仕込容器和がめ
蒸留常圧

720ml(箱無)

720ml(箱入)

明るい農村の四季(春)ができるまで

小向井氏は「日本の春」を「満開の桜の下をワクワクドキドキしながら赤いランドセルを背負って寄り道しながら歩く女の子」の絵で表現されました。
そのイメージを基に、「明るい農村」の焼酎ブレンダーは、軽快で新鮮な香りと優しい甘みを焼酎の風味に求めました。
その味を実現するために「白麹の女王」といわれる白麹ゴールド菌を使い、まさに「ピカピカの1年生のようなフレッシュ」な口当たりに仕上げました。

グラスに注いでワインのようにスワリングするとバニラの香りがして、とてもフレッシュな気分になれる逸品です。


おススメの飲み方


風味を楽しみたいときはストレートやロック。
さわやかに飲みたいときは水割りやソーダ割がおススメです。

ゴーヤの醤油炒め、キャベツの塩昆布とごま油和え、手羽先の甘から揚げなどの料理と一緒にお楽しみいただくのも◎です。
ぜひ、お試しください(^^♪

小向井一成氏

小向井氏は、前述の通り鹿児島で活動されている絵手紙画家です。

1948年に鹿児島県さつま町でお生まれになり、福岡でJR九州に勤務されていました。

2004年の退職まで、郷里のお母様に絵手紙を送り続け、鹿児島に戻ってこられた現在は、毎日、関東のお孫さんへ絵手紙を送り続けていらっしゃいます。

絵手紙の創作活動や指導を続けるかたわら、郷土の歴史を後世に伝える活動もされています。

小向井氏の絵は手描きの優しいタッチからは、心のあたたかみを感じられます。
ぜひ、機会がありましたら、直接、ご覧いただきたいです(^^)/

★✰ご注文はこちらから✰★

『明るい農村』が鹿児島県本格焼酎鑑評会で13年連続入賞しました!!

こんにちは(^^)/霧島町蒸留所の阿部です。

2月14日に行われた「令和元酒造年度 鹿児島県本格焼酎鑑評会」にて、わたしたちの代表銘柄である芋焼酎『明るい農村』、さらに麦焼酎『花は霧島』が優等賞を受賞いたしました!(’▽’)ヤッター(’▽’)ヤッター(*’▽’)ヤッター

鑑評会

『明るい農村』は13年連続、『花は霧島』は5年連続の入賞となります。今年も栄誉ある賞を頂けたのは、いつも『明るい農村』と『花は霧島』をご愛飲頂いている皆様のおかげにほかなりません。本当にありがとうございます!

蔵人一同、受賞を喜ぶ気持ちと、13年連続受賞というプレッシャーから解放される安堵感とが混在している、今の心境です(笑)今後も心を込めた焼酎造りを行い、皆さまに「美味しい!」と言って頂ける焼酎を造っていきますので、今後ともよろしくお願いいたします!

鹿児島県本格焼酎鑑評会とは

さて、そんな本格焼酎鑑評会とはいったいどんなものなのか??なかなか聞き慣れない方も多いかと思いますので、ここで簡単にご説明いたします。

鹿児島県本格焼酎鑑評会は、鹿児島県酒造組合が主催する、本格焼酎の品質向上を目的とした鑑評会のことで、昭和29年(1954年)から毎年行われています。部門が4つに分かれていて、芋焼酎を対象とする「甘藷部門」、麦焼酎が対象の「麦製部門」、米焼酎が対象の「米製部門」、黒糖焼酎が対象の「黒糖製部門」があります。

わたしたちは今回、「甘藷部門」に「明るい農村」を、「麦製部門」に「花は霧島」を出品していました。

審査の方法は、銘柄をわからないようにして試飲する、いわゆる「ブラインドテイスティング」方式で行われます。審査員が味や香り、原料特性といった各項目を5点満点で採点。その結果、各部門で優等賞、さらに最も優れていた1銘柄に総裁賞代表受賞が授与されます。

今年は135製造場から231銘柄が出品。

2月14日に行われたのは、令和元酒造年度の鹿児島県本格焼酎鑑評会の表彰式です。なんと、この表彰式の開催前に、蔵関係者は全出品酒を飲むことができる、きき酒の時間があるのです。

鑑評会試飲""

もちろん、全て飲み込んでいたのでは、大事な表彰式の前に千鳥足になってしまいます…。飲み込みたい気持ちをぐっっと堪えて、吐器に吐き出しながら試飲を行いました。

100種以上の試飲というのは、なかなか経験できるものではないですが、やってみると、実に多種多様な味わいがあることを再認識させられます。香り、味、芋の風味の強弱など、それぞれに特徴が異なる焼酎ばかりで、本当に面白いなぁと思える貴重な時間でした。

今回、頂いた賞状は蔵の製造場に掲示します。蔵見学の際に見ることができます。蔵へ遊びに来られた際は、ぜひご覧ください(^_^)

鑑評会で入賞した受賞タンクをそのまま瓶詰する『明るい農村・受賞酒』を近日、ご案内・発売します!受賞酒を味わうことのできる「年に一度の限定品」です!この機会に是非、お買い求めをご検討ください。

※数に限りがありますので、売切れの際はご容赦ください。

蔵のこだわり

ギフト商品

箱と送料について

明るい農村facebook

明るい農村公式サイト


明るい農村ブログ

こんにちは、明るい農村ブログです!

こちらでは、蔵での焼酎造りの様子や焼酎の豆知識、霧島の風景・観光情報などをご案内します。楽しんでいただけましたら、幸いです(*^_^*)

明るい農村ブログ

ページトップへ