蔵のこだわり 霧島のふもと、大自然に囲まれた中に蔵はあります。

焼酎よもやま話

焼酎の75%は?

焼酎よもやま話

ふつう、芋焼酎のアルコール度数は、25度です。つまり、残りの大部分である75%は「水」となります。

水

明るい農村で使うお水

明るい農村(霧島町蒸留所)は、1000m級の山が23座連なる、霧島連山のふもとに蔵があります。 仕込みに使うお水は、霧島山系により長い年月をかけて磨かれた、天然水(地下水)です。

大自然のフィルターを通って生まれたこの水は、カルシウム、マグネシウムなどのミネラルが豊富で、 代謝を高めるサルフェートという成分を多く含んだ、おいしいお水です。

明るい農村 水

水の硬さでいいますと、中硬水となります。
焼酎の仕込みにも、25度に調整するにも、この地下水を使っています。

焼酎の割り水をする際などに、お楽しみください。
「霧島の名水・明るい農村」

ページトップへ