蔵のこだわり 霧島のふもと、大自然に囲まれた中に蔵はあります。

明るい農村ブログ

父の日は焼酎で日ごろの疲れを癒してもらおう♪

こんにちは、霧島町蒸留所のせばたです(*^^*)
先日は「母の日」でしたが、みなさまどんな一日でしたか?
贈り物をされた方、感謝の言葉を伝えた方、うっかり忘れちゃった・・・という方、色々だと思います。


さて、次は、「父の日」がやってきます!
父の日は毎年6月の第3日曜日。今年は6月21日(日)です(^^)!



ところで、「父の日」っていつから始まったんだろう?由来は??
少し調べてみましたよ~('▽'*)


父の日は世界各国にあり、必ずしも同じ日とは限らないようです。由来は様々な説があるようですが、多くの地域で主流となっている父の日は、アメリカから始まったものと言われています。


父の日が出来る以前に、アメリカ国内では母の日が広く浸透していたそうで、だったら母の日と同じように、敬愛するお父さんのための日もつくろうと思い立った、ソノラという女性が、教会の牧師さんに相談したのが始まりとされています。彼女のお父さんは男手一つでソノラ等、6人の子どもを育て上げた人で、父の日が6月なのは、ソノラのお父さんが6月生まれだったことから。


しかし、父の日は母の日のようにすぐには定着せず、アメリカで正式な祝日として認定されたのは、最初に父の日が祝われてから60年も後の1972年だそうです。
父を愛するソノラの気持ちが世界中に広がり、今では世界各地に父の日が広がっています。


日本に父の日が入ってきたのは、1950年ごろ。当時は知名度が低く、1980年頃に商業施設が取り入れたことで広く知られるようになったそうです。母の日がすでに定着していた日本では、父の日もすぐに人々に親しまれるようになりました。



1人の女性の父を想う気持ちが世界に広がって、今のように父の日が祝われるようになったんですね~(*’▽’)


父の日に「世界に一つだけ」の贈り物はいかが?

父の日は、家族を支えてくれているお父さんに日ごろの感謝を伝える日ですが、ちょっと照れくさいし、面と向かってはなかなか言いずらかったりしますよね・・・


そこで、ありがとうの気持ちを、焼酎のラベルに込めて贈ってみてはいかがでしょうか?


霧島町蒸留所では、お好みの文字を入れた世界に一つだけの贈り物「名前入り焼酎」をつくることができますよ~♪


文字を入れることができるのは、下記の5か所!

  • 1. 肩ラベル
  • 2. 胴ラベル右(10文字まで)
  • 3. 胴ラベル中央(5文字まで)
  • 4. 日付
  • 5. 送り主の名前

お父さんの愛称や、『大好き』、『感謝』、想いを込めた四文字熟語などなど、制限文字数内であれば、名前やメッセージをどこに入れてもOKです(^^)
あなただけの想いを込めた焼酎ラベルが作れますよ~♪



中身の焼酎は、かめ壺芋焼酎『キリシマメアサ』になります。
『キリシマメアサ』は、蔵近くにある南九州最大の神宮「霧島神宮」のご神木から名前をいただいた縁起の良い焼酎です。



黒麹・白麹のブレンドにより、バランスの良い味わいに仕上げました。原酒のうまさ、水のおいしさをそのまま残すため、ろ過はごくごく控えめ。
風味豊かな味わいを楽しめ、贈る方を選ばない焼酎です(^^)


日頃、頑張ってくれているお父さんに、ちょっと特別な焼酎を贈ってみてはいかがでしょうか(*^-^)
世界に一つだけの贈り物にきっと喜ばれること間違いなしです!



実は、ただいま、既に早くもご注文をいただいております。こちらの商品は、ご注文から納品までに7~10日程かかるため、「父の日」に必ず間に合わせたい!という方はお早めにご注文下さい。


↓ご注文はこちらからどうぞ↓

名前入り焼酎ご注文ページ
https://www.akarui-nouson.com/SHOP/178478/list.html

コメントする

名前

URL

コメント

蔵のこだわり

ギフト商品

箱と送料について

明るい農村facebook

明るい農村公式サイト


明るい農村ブログ

こんにちは、明るい農村ブログです!

こちらでは、蔵での焼酎造りの様子や焼酎の豆知識、霧島の風景・観光情報などをご案内します。楽しんでいただけましたら、幸いです(*^_^*)

明るい農村ブログ

ページトップへ